定価:900円(税・送料別)
B5版・オールカラー・74ページ
2015年7月25日発売
クラフトビジネス協会発行
初版限定3000部

クラフト界の先人たちの知恵と仕事術に学び、作り手に無理なくステップアップしてほしい。そんな願いからこの専門誌を創刊しました Crafter編集発行人 菅村大全

  • Point 1.仕事にすぐ役立つ特集記事

    VOL.02の特集テーマは「はじまりのグループ展」。独立したての作り手に身近な存在で、ベテランの作り手にも意義深いグループ展。これを掘り下げ、存在意義を問い直す企画です。
  • Point 2.先駆者たちの仕事術が学べる

    「工房型のもの作り」が日本ではじまったのは1960年代。手仕事を数十年以上、継続してきた先駆者たちが「若いころ、いかにして仕事を築いたか」をインタビューで迫ります。
  • Point3.一流の専門家が連載を担当

    老舗クラフトショップの店主や創業支援施設のビジネスアドバイザー、北欧デザインの研究者などが、ハンドメイドビジネスに対する心構えやマーケティングのコツを伝授します。
  • Point4.ベテラン記者による綿密な取材

    『Crafter』の発行は、春と秋の年2回。全体のボリュームは70ページ強と、一般の情報誌よりも、ボリュームはやや少ないものの、時間と取材費をかけて、地方ロケも敢行。全国に点在する実力派の作り手を紹介します。

最新号の一部を立ち読みできます

クリックすると拡大されます
  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル

第一線で活躍する工芸家が本誌を推薦しています

額賀章夫(陶芸家)
吉野崇裕さん(陶芸家)

よしのたかひろ◎1958年東京都生まれ。工房木夢主宰。座禅をベースにしたカスタムチェアの制作、チェアーフィッティングの活動を国内外で行う。

「自分なりの流通の仕組みを作る これも作り手の大切な仕事です」

 海外で作品発表を行うようになって15年以上がたちます。海をこえるたびに感じるのは、ハンディクラフトの裾野の広さです。たとえば、私が参加している「アメリカ手作り家具学会」には、各国から大勢の木工家が集まるだけでなく、教育、出版、流通、林業、工具メーカーなど、木工を取り巻くさまざまな関係者が参加していて、大きなマーケットが形成されていることを実感します。
 日本にはすばらしいもの作りの伝統がありながら、これをビジネスとして成り立たせることが困難です。それを解決するにはトータルなマーケットの創出も必要です。流通をテーマにした今回の『Crafter』は、国内の販路を自分なりに見定める上で、有用な情報源となるでしょう。

定価:900円(税・送料別)
B5版・オールカラー・74ページ
2015年7月25日発売
クラフトビジネス協会発行
初版限定3000部
ハンズ・ギャラリー マーケットの渋谷・銀座・ 横浜・梅田・広島・博多・熊本の各店舗、d47 design travel store(渋谷)、D&DEPERTMENT OSAKA(大阪)のほか、地方のギャラリーでも販売中です。くわしくはクラフトビジネス協会のホームページをごらんください。

SHOP LIST